グルコサミン

今すぐ知りたい!グルコサミン・コンドロイチンの効果

グルコサミンとコンドロイチンは関節痛などに効果がある成分として知られていますが、その違いを理解していない人は少なくないようです。両方とも見聞きすることが多い成分で似たような効果がうたわれていることから同じものだと思われていることもありますが、異なる特徴を持つ成分です。

 

まず、グルコサミンについて説明します。この成分は糖とアミノ酸が結合したもので、人の体の軟骨・爪・靭帯・皮膚などに存在しています。存在する組織の修復などに携わるため、体内の生産量が減ってしまうと組織の修復が正常に行われなくなります。そうなると軟骨の場合はどんどんすり減ってしまうので、関節のクッションという役割を果たせなくなります。これが、関節痛の原因です。

 

軟骨自体の主成分はプロテオグリカンと呼ばれるものですが、この生産に必要な成分がグルコサミンなのです。軟骨のすり減りは脚があって動く限り、誰にでも起こります。年齢を重ねることに体内で自然に生産される量が減ることもあって、年齢で関節痛が生じるのは当たり前とされます。関節痛の予防として、主成分のプロテオグリカンがちゃんと生産されるようにグルコサミンを摂取することが大切です。

 

一方のコンドロイチンは、細胞と細胞を繋ぐ役割があるムコ多糖類に属しています。存在している部位は軟骨の他に皮膚・靭帯・眼球などでグルコサミンと同じような場所にいますが、コンドロイチンは修復ではなく修復の手伝いします。修復に必要な栄養素や水分を軟骨部分に運ぶ働きがあるので、コンドロイチンが正常に存在していることで修復スピードが向上するといわれています。また、軟骨の破壊を抑える効果もあるとされます。

 

この二つの成分は、常にタッグであることが求められます。片方だけを重視すると効果が薄れてしまうので、両方を適切に補うことで効果の発揮力が上がります。

 

関節痛に有効とされるサプリメントは数多くありますが、両方を配合していることが多いです。片方ずつで取り入れるより両方が同時に摂取できるサプリメントの方が楽なので、両方が含まれている製品が選ばれています。

 

関節痛改善のためには修復だけでなく破壊しにくくなるように強化することを意識したり、効率よく修復が行えるように工夫することも大事なことです。関節痛に関する製品でよく目にするこの2つの成分は異なるものなので、片方を摂取しているから良いではなく、修復と強化が効率よく行えるようにどちらの摂取も意識して行うと良いです。

 

ダイエット効果抜群の青汁はこれ!とにかく飲みやすい
すっきりフルーツ青汁

 

コンドロイチンとコラーゲンの違いは何?

 

体は60兆個の細胞から構成されおりその細胞に栄養や酵素を届けることが必要になります。

 

コンドロイチンはムコ多糖の一種で皮膚や粘膜など体のいたるところに存在し、軟骨や体の細胞へ栄養素を含んだ水を運んだり、老廃物を排出する役割があります

 

オクラ、山芋、なめこ、ふかひれ、すっぽんなどの食品に含まれています。

 

水に溶けやすい成分ですのでスープなどで摂ると効率的です。

 

軟骨の弾性を保つため欠かせない成分で、関節の痛みをやわらげる効果、骨粗しょう症を予防・改善する効果、目の健康を維持する効果、高血圧や動脈硬化を防ぐ効果、腎疾患を予防する効果、美容効果などがあります。

 

コラーゲンは皮膚、血管、腱、歯、など体のほとんどの組織に存在する繊維状のたんぱく質で、細胞と細胞を結びつけ、肌のハリや弾力をつくり、関節をスムーズに動かし、骨を丈夫にする、血管のしなやかさを保つなどの働きがあります。

 

手羽先、鶏の皮、豚バラ肉、ふかひれ、うなぎなどの食品に含まれビタミンCとともに摂取すると効果的です。

 

また骨においてはその周囲にカルシウムなどのミネラルが付着することで丈夫な骨が作られます。

 

どちらも骨や全身の組織にとって欠かせないものです。

 

また、軟骨にはグルコサミンという成分があり、軟骨のヒアルロン酸とコンドロイチンを生成しています。

 

コンドロイチンはコラーゲンを生成を促し軟骨を丈夫にする働きがあります。

 

コラーゲンは肉などの動物性食品に多く含まれそれ自体弾力性があるたんぱく質、コンドロイチンは植物性の食品に多く含まれ保水力があることで弾力性を発揮するムコ多糖であることが違いです。

 

コラーゲンには細胞と細胞をつなぎとめる役割があります。

 

軟骨においてもコンドロイチンどうしを結びつけ支える役割をはたし、お互いに支えあって軟骨の弾力性を保つ働きをしています。

 

また他の組織においても細胞に栄養分を届けるためにお互いに支えあって体の隅々の細胞まで栄養がゆきわたる働きをします。

 

どちらの成分も加齢によって減少していきます。

 

サプリメントや多く含む食品などで補うと減少を緩和することができます。

 

また、相乗効果が期待できますのでどちらか一つの成分を摂るよりは合わせて摂る方がよいとされています。

 

特定の症状に効くとされていますが、薬ではありませんので過剰な期待はせずに症状を緩和する目的で摂るとよいでしょう。

 

また、バランスのよい食事や運動もあわせて行いましょう。

 

 

【ベルタプエラリア】バストアップサプリの成分・効果・効能はどう?※口コミ・使ってみた